HOME > 矯正歯科 > 見えない裏側矯正(リンガル)

矯正歯科



見えない裏側矯正(リンガル)


裏側矯正(リンガルブラケットとは) 裏側矯正(リンガルブラケットとは)

裏側矯正(リンガルブラケット)とは、矯正治療の中でも「矯正器具を歯の裏側につける」治療方法のことです。
通常の矯正治療では、歯の表側に矯正器具をつけるため、矯正器具が外から簡単に見えてしまいます。
これに対し、矯正器具を歯の裏側につければ、人に見られることなく矯正治療を行うことができます。
裏側矯正は通常の矯正治療に比べて技術的な難易度が高く、医院によっては対応できないケースもあります。
しかし、さいとう歯科クリニックでは、矯正専門医による裏側治療が可能です。
他の医院では無理だと判断された方でも裏側矯正は可能です。
是非一度お問い合わせ下さい。

特徴
外からほとんど見えないため、人の目を気にせずに治療できます。
特に女性の方にオススメで、実際に治療を受けられた方からもご好評いただいております。

治療期間
治療期間としては通常1〜2・5年くらい、来院は一ヶ月に一回程度必要となります。
通常の矯正に比べると他人の目を気にせず治療できるため、治療期間を気にされない患者さんが多いです。
※治療期間については歯並びの状態によって個人差があります、是非一度ご相談下さい。


裏側矯正のメリット

  1. 矯正装置が見えない。
  2. 矯正治療中の装置の厚みによる口元の突出感 の助長がない。
  3. 上の歯の表側に装置が付いてないため早期に口元の突出感などの問題が改善され、理想的な横顔になる。
  4. 見た目が気にならないため「早く装置を取りたい」という治療期間に対するストレスが少ない
  5. 矯正治療しながらホワイトニングができる。

裏側矯正のデメリット
  1. 症例によっては治療期間が表側矯正と比べ長くなる場合がある。
  2. 発音や痛みに慣れるのに時間がかかる場合がある。(個人差あり)
  3. 料金がハーフリンガルや表側と比べ高い。

こんな人におすすめです!

□  「装置が絶対に見えたくない!」と考えている方
□  接客業や芸能関係、モデルなど職業的に審美的な制約がある方
□  近い将来、就職活動などを予定している方
□  とりあえず見た目だけでも早く綺麗になりたい方
□  ホワイトニングなどをして常に白い歯をキープしたい方


裏側矯正に関するQ&A
裏側矯正 Q&A 裏側と表側どっちがいいの?
裏側矯正 Q&A 裏側矯正は装置が内側に付いているため最初は舌への不快感や発音への影響があります。
しかし、それさえクリアーすればコスト的な部分を除いてほとんど変わりません。
裏側矯正に関するQ&A
裏側矯正 Q&A 歯磨きは大丈夫?
裏側矯正 Q&A 虫歯と歯周病を予防しながら美しい歯並びを手に入れるためには、今までより少しブラッシングに気をつけて頂く必要がございます。
毎日の歯ブラシで十分汚れは落とせますが、細かい磨き残しは来院時に医院で除去して行きます。
口腔内を良好に保つため、当院では積極的にサポートさせて頂きます。
裏側矯正に関するQ&A
裏側矯正 Q&A 舌は痛くないの?
裏側矯正 Q&A 特に奥歯に付けている裏側装置が舌にあたり痛む場合があります。
そのような方は装置を可及的に小さく削るか強くあたる奥歯のみ表側に付け替えることがございます。
奥歯だけ表に装置をつけても外から見えることはありません。
裏側矯正に関するQ&A
裏側矯正 Q&A ご飯を食べる時は?
裏側矯正 Q&A 普段とかわりなく食事は可能ですが、どうしても調整後の2〜3日の間は歯を動かすための力がかかっているため、は咬むと歯が痛い場合がございます。
調整後はなるべくやわらかい食事をこころがけることをお勧めします。
食事の種類によっては装置の周りに食物が絡み付くことございますが食後の歯ブラシで簡単に除去できます。
裏側矯正に関するQ&A
裏側矯正 Q&A ちゃんと喋れるの?
裏側矯正 Q&A 装置を装着した1〜2週間は発音が難しい場合がございます。
とくに「サ」行が言いづらくなることがございますが慣れて頂ければ仕事や日常生活に支障を来すほどではございません。
裏側矯正に関するQ&A
裏側矯正 Q&A どれくらいで慣れるの?
裏側矯正 Q&A 「慣れ」には個人差が大きく、当医院の患者さまでも装置装着後から違和感程度で済むかたもいらっしゃいますが、多くの方は1〜2週間、長い人で1ヶ月以上かかる場合もございます。
患者さまそれぞれの歯列の状態や舌の大きさなどに影響されます。
裏側矯正に関するQ&A
裏側矯正 Q&A 歯を抜いたところは見えてしまうの?
裏側矯正 Q&A 矯正治療では上顎左右の第一小臼歯(前から4番目の歯)を抜くことがあります。
当院では抜歯後のすき間に仮歯を装着するため、歯と歯のすき間を気にせずに治療を受けて頂くことが可能です。
裏側矯正に関するQ&A
裏側矯正 Q&A 誰にでも出来るの?
裏側矯正 Q&A 裏側装置を装着するために十分な歯の長さが確保できればどのような方でも可能です。
上下の歯がぶつかってブラケットが装着出来ない場合は、初期治療としてリンガルアーチといわれる装置を使いブラケットを付けやすい位置に歯を移動します(約半年〜1年)。
虫歯などで被せ物が多い口腔内でも特殊な接着剤を使用しますのでブラケットの装着は可能です。
歯周病が認められる場合は専門医と連携し、計画的に治療を進めて行きます。


 
  Copyright (c) はあとふる調布歯科医院. All rights reserved.  
医院案内予防歯科一般歯科歯周病小児歯科審美歯科入れ歯矯正歯科PMTCインプラントホワイトニング診療時間/アクセスHOME